妊娠中でも脱毛サロンに通って大丈夫?

imasia_11592619_S

妊娠時は脱毛ができません

女性の方の中には、脱毛コースを受けている最中に妊娠が発覚する方もいらっしゃるかもしれません。
妊娠が発覚した時、その後の脱毛はどうなるのでしょうか?

残念ながら、部位にまったく関係なくコースは途中で中断し、脱毛が受けられなくなってしまいます。
もちろん先払いでコース料金を払っていた場合、行わなかった分の料金は手元に返ってきます。
店舗によっては妊娠初期でも脱毛を受けられないことが多い為、あらかじめ相談をしてみてください。

とはいえ、VIOならまだしも、腕やワキの脱毛さえも拒否されてしまうのでしょうか?

妊娠時の体調は不安定

女性は妊娠をすると、身体の栄養バランスやホルモンバランスなどに大きな変化が現れます。
そのため、いつ何時身体に異変があってもおかしくない状態となっています。
そのような不安定な状態の中で脱毛を受けていたら、施術中に何かしらのトラブルが発生してしまうかもしれません。

また、妊娠中の母体は外部からの影響に弱く、その影響はお腹の中の赤ちゃんにまで響いてしまいます。
脱毛による不安感や緊張感、痛みのストレスで母子ともにダメージを受けかねません。だからこそ妊婦さんには部位に関係なく脱毛を行う事ができないのです。

脱毛ができるようになるのはいつから?

妊娠の後期頃になると安定してくる体調ですが、まだ出産を終えていない状態の身体では脱毛を受けることができません。
そのため、早くても赤ちゃんの授乳期が終わるまでは待たなくてはなりません。
さらに、授乳期が終わったとしても、その後生理が再び訪れるようになっててからおよそ2~3ヶ月間は待つ必要があります。

このスパンは妊娠が発覚してから3年くらいとなるため、すぐには脱毛を再開できず、そのまま契約を解消してしまう方も少なくはないのです。

店舗によっては契約期限というものがあり、その長さも店舗によって異なります。
ご自身が通われている脱毛サロンの契約年数は何年なのかを確認し、もしも近いうちに妊娠をする予定であれば、あらかじめスタッフに相談をしてみても良いでしょう。

大阪で脱毛サロンを選ぶ前には、上記のようなことを踏まえながら通い始めるようにしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ