皮膚科での脱毛と光脱毛の違いとは?

imasia_16084427_S

出力の違い

皮膚科での脱毛とは、一般的には「クリニック脱毛」「医療レーザー脱毛」のことを指しています。

一方、脱毛サロンなどの医療機関でない店舗で行われている脱毛は「光脱毛」「フラッシュ脱毛」と呼ばれています。
双方の違いは明確であり、その一つが出力の違いです。

レーザーというものを扱う事ができるのは医療機関のみです。
レーザーを使用した治療は全て医療行為であり、医師免許を持っている方だけが扱う事ができます。

一方で脱毛サロンで使用されている脱毛機は、レーザーよりも出力を抑えたフラッシュ脱毛機を使用しています。
フラッシュ脱毛で用いる光はカメラのフラッシュのようにチカチカと光るため、一昔前まではフォトフェイシャル脱毛とも言われていました。

出力に違いがあるため、その効果や痛みにも違いが出てきます。

痛みの違い

出力が高ければ高いほど、施術時に与える皮膚へのダメージが大きくなります。
医療レーザー脱毛はまさに出力の高いレーザーを用いた脱毛となるため、光を照射した瞬間に強い痛みを感じやすいです。
しかし医療機関であるため、希望に応じて麻酔を打ってもらう事が可能です。

一方でフラッシュ脱毛は低出力ということもあり、照射をしても軽くパチンという程度でさほどの痛みは感じません。
快適に脱毛を受けるのであれば脱毛サロンがお勧めです。

価格の違い

皮膚科で脱毛を受けることは医療行為となります。通常であれば保険が適用されますが、レーザー脱毛の大きな欠点は保険が適用されないということです。

そのため、全身脱毛をしようとするのであれば50万円以上掛ってしまうこともあります。。

全身脱毛をお得に受けるなら

女性の場合は特に全身を脱毛したいという方が多いはずでしょう。
大阪で、しかも低価格で全身脱毛をすることができる脱毛サロンがあるのです。

それが女性専用全身脱毛専門店のエタラビです。

確かな実績数と信頼性、そして顧客一人ひとりを大事にする姿勢がエタラビの人気の一つです。
もちろんそれだけでなく、全身脱毛の価格が非常に安いということが最大のメリットになります。

特に大阪のエタラビは完全個室のため、顧客のプライベートをしっかりと守ってくれます。
ぜひチェックしてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ